生後五ヶ月のお昼寝はどのくらい?お昼寝の目安について

生後五ヶ月は、一日のリズムが段々と整ってくる時期です。お昼寝もまとまってするようになってくるでしょう。

しかしお昼寝には個人差があり、まとめて長く眠る子、短時間で何度も昼寝をすること様々です。

とは言っても、お母さんにとっては平均や目安が気になってしまいますよね。ここではそんなお母さんのお悩みを解決するため、赤ちゃんのお昼寝の目安について、赤ちゃんがお昼寝をせず、ぐずる場合の対策についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【赤ちゃんの後追い】ママだけでなくパパも後追い!対処法を解説

赤ちゃんが成長していくと、ある時期を迎えると後追いをすることもあります。赤ちゃんの後追い対象者はママ...

赤ちゃんが寝る時の布団、寒暖差が激しい秋の布団の枚数と選び方

赤ちゃんの布団は季節に合わせて枚数や種類を選ぶことが大切ですが、寒暖差が激しい秋はどんな布団がいいの...

一歳半から始まった夜泣き、泣き叫ぶ我が子を寝かしつけるには

今までは夜すんなり眠りについていたのに、一歳半頃から急に泣き叫ぶほどの夜泣きをすることがあります。...

子供用品スッキリ収納アイデア!隠す収納でも使いやすくするコツ

子供が生まれると、おむつやベビー用のケア用品、たくさんの衣類など、多くのものが必要になります。部屋の...

赤ちゃんの気になる奇声の原因や理由別のおすすめ対処法を解説

赤ちゃんが突然キーキーと大きな声を上げると驚いてしまいますよね。1回だけならまだしも、気に入って...

赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?睡眠時間と生活リズム

初めての育児に奮闘しているママの中には、夜中の授乳やおむつ替えなどで夜中に起きることを辛く感じている...

春の赤ちゃんの服装!快適に過ごせる選び方のポイントやコーデ

春は気温の変化が激しいので赤ちゃんの服装選びにも悩むもの。室内ではまだ暖房がきいていることもあれ...

新生児に布団は必要?夏はこうして布団をかけましょう

新生児の夏の布団はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?新生児用の布団セットを用意したけれど、...

1歳のイヤイヤ期、ひどいイヤイヤが始まる理由と対処方法

2歳はイヤイヤが始まる時期と耳にしますが、1歳半頃からイヤイヤが始まることもあります。まだま...

2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっ...

生後2ヶ月の赤ちゃんの服装・春に着せる服の組み合わせと選び方

初めての育児に奮闘中のママの中には、生後2ヶ月の赤ちゃんには春にどのような服装をさせれば良いのかわか...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方について

生後7ヶ月の赤ちゃんは、生後間もないときの授乳と睡眠を繰り返す時期とは違い、睡眠にもリズムができ...

2ヶ月の赤ちゃんはどんな一日を過ごす?【睡眠・授乳・外出】

2ヶ月の赤ちゃんの子育てをしているママの中には、生後2ヶ月頃の赤ちゃんはどんな一日を過ごしているのか...

アパートの防音対策・赤ちゃんの出す騒音の種類と対処法を解説

アパートにお住まいの人の中には、赤ちゃんの泣き声や出す騒音でご近所の迷惑になっているのではないかと頭...

生後1ヶ月の赤ちゃんの生活リズムや発達の特徴、適切な関わり方

1ヶ月検健診を終えて無事に新生児を卒業した赤ちゃん。新生児の頃から比べると体も大きくなって成長が...

生後五ヶ月のお昼寝時間の目安について

産まれたばかりの赤ちゃんは寝ている時間が多かったのですが、生後五ヶ月頃の赤ちゃんになると、そのお昼寝の時間の目安もできてきます。

生後五ヶ月頃の赤ちゃんのお昼寝の回数は午前中と午後に1回ずつの1日2回が目安

その中の時間配分として、午前中の睡眠がだいたい1時間程度で短い子だと30分程度になります。

午後のお昼寝は午前中よりも長くなり3時間程度となっています。

午後のお昼寝時間は長めであることが多いので、あまり遅くから寝始めてしまうと夕方になってしまうので気をつけるといいですね。

それまで行っていた夕方の昼寝はしなくてもよくなります。
はじめは夕方にうとうと寝てしまうことがあってもだんだんと起きてられることが多くなり、最終的には夕方の昼寝はなくなります。

生後五ヶ月といえば大体の人が赤ちゃんの離乳食を始める時期です。
その離乳食に合わせて午後の昼寝を設定してあげると、赤ちゃんもリズムがつきやすくなるのでおすすめです。

生後五ヶ月の赤ちゃんのお昼寝には個人差があります

生後五ヶ月の赤ちゃんもそうですが、月齢ごとの赤ちゃんのお昼寝回数や時間の目安が存在します。

先ほど生後五ヶ月の赤ちゃんのお昼寝に関する目安をご紹介しましたが、自分の子どもと比べて「短い」「長い」と感じた人も多いでしょう。

例えば、目安よりもお昼寝時間が短い場合、睡眠不足になって成長に影響があるのではないかと心配になりますし、お昼寝の時間は短いけれど回数が多い場合にも同じような心配が頭をよぎります。

お昼寝をしすぎて夜眠れなくなり困ってるママもいるでしょう。

赤ちゃん一人ひとり個人差があるので、それほどナーバスになることはない

この子にはこのお昼寝スタイルがいいんだなと思うのもいいですし、お昼寝の時間が長すぎるのであれば丁度いい時間で起こしてあげるのもOKです。

大人でも疲れているときはいつもはしないお昼寝をすることもありますし、いつもより少し多めに寝ることもあります。
ですので、「お昼寝の回数は2回までにしないと」「まだ1時間足りない」などと細かく見なくても大丈夫です。

目安は目安でしかないのであまりとらわれすぎないようにしましょう。

生後五ヶ月の赤ちゃんはお昼寝よりも夜の睡眠が大切

生後五ヶ月の赤ちゃんにとってお昼寝はもちろん必要ですが、長時間眠る夜の睡眠のほうが大切なのです。

ですので、お昼寝をしっかりしていても夜にちゃんと睡眠をとれているのであればそれで問題ありません。
反対に、お昼寝をしすぎてよる眠れない場合には、お昼寝を切り上げるなど対処することが必要になってきます。

初めの頃はどれくらいまでにお昼寝を終わらせておいたらいいのか、どのくらいの時間お昼寝をさせたらいいのか悩むと思います。
毎日のお昼寝時間や回数を記録して、夜寝た時間も一緒にかいておくとどれくらいが自分の子どもにとって丁度いいのかわかってくると思います。

もし、夜寝るまでに時間がかかるのであれば当然お昼寝時間の繰り上げをしてみたり、お昼寝時間自体を短くしてあげる必要があります。

夜の睡眠をしっかり取ってもらうために部屋の環境も大切ですが、毎日のお昼寝の状況なども一度見直してみることをおすすめします。

お昼寝が足りないと悩んでいるママは夜しっかりと眠れていることのほうが大切なので、あまり心配しないでくださいね。

お昼寝が足りず赤ちゃんがぐずる場合は入眠儀式を取り入れる

赤ちゃん自体がお昼寝が足りなくても機嫌よく過ごしているならそれでもいいのですが、ぐずってしまって機嫌が悪い時にはお昼寝しやすいような工夫をしてみましょう。

昼寝をする部屋の状態

お昼寝の時間帯は外も明るいので、眠りにくいという可能性もあります。
ですので、カーテンを閉めて薄暗くしてみましょう。

他にも室温に気をつけたり音が気にならないようにテレビを消したり窓をしめてあげるのも効果的です。
車のエンジン音やクラクションなど意外と気になる音が多いです。

寝る時間やルーティーンを決めるのもいい

お昼寝もある程度時間を同じにすると段々とお昼寝をしやすくなります。
寝る前の絵本を1冊決めて、これを読んだら寝るようにする、お昼寝用のパジャマや洋服を着せて布団で寝るようにするなど決まりを作ることもやってみるといいでしょう。

赤ちゃんを寝かせたら、一緒にそばで寝るまで添い寝をしますが、その際やさしくゆっくりとした同じリズムで「トン トン トン」としてあげることでスーッと寝てくれることもあります。
子どもが二人いますが、上の子はトントンされて寝るのが好きですが、下の子は寝る時にトントンされるのは嫌がるので眠るのに時間がかかりました。

このように個人差もあるので、いろいろな方法を試してみるといいですね。

外出先でお昼寝をさせる場合のコツ

外出先ではいつもとは環境が違うので、お昼寝をしてくれないということも多くあると思います。

外出中はいつものように横にして寝かせることができないですし、外の世界は赤ちゃんにとって新しいことばかりなので、楽しくて寝てくれないのかもしれません。

そこで、だいたいお昼寝の時間になったら赤ちゃんの視界を狭くします。
具体的にはベビーカーのサンシェードをおろしてあげたりといった具合です。

そうすると、外の世界が見えなくなるのでだんだんと興味もなくなって眠りやすくなるのです。

赤ちゃんによっては、ベビーカーの方が寝やすい、抱っこのほうが寝やすいなど様々なので自分の子どもに合わせて使い分けます。また、いつものお昼寝の時間と合わせてでけるようにすると、睡眠リズムができていると自然とお昼寝に入る子もいるでしょう。