1歳がたくさん寝る大切さ。時間を決めた生活は将来にも影響する

1歳は表情や行動も豊かになり、ますます可愛さを感じる年齢です。

しかし、毎日一緒にいるママにとっては、一筋縄でいかない時期にも感じるでしょう。
夜なかなか寝てくれないことに頭を悩ませているママも少なくありません。

夜なかなか寝ないから朝の寝起きも悪く、さらに反抗的な態度だとママのストレスは溜まる一方です。

寝る時間が足りない状態が続くとママのストレスだけではなく、1歳の子供が成長していく過程で様々な影響が見られる可能性もあります。
人間にとって寝ることは欠かすことの出来ない大切な行動です。

1歳の子供が心地よく寝られるような環境を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんの気になる奇声の原因や理由別のおすすめ対処法を解説

赤ちゃんが突然キーキーと大きな声を上げると驚いてしまいますよね。1回だけならまだしも、気に入って...

二ヶ月赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方・寝かしつけ方法

二ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘しているママの中には、赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠サイクルについて知り...

虫除けは自分で作れる?赤ちゃんにも使える手作り虫よけ剤

夏場の暑い季節には虫の存在が気になります。赤ちゃんがお家にいる方は、虫よけ剤を使用したいけど、市販品...

ハイハイ期の赤ちゃん、9ヶ月の服装は動きやすさを重視

赤ちゃんはどんどん成長をし、大きくなっていきます。用意した服もすぐに着れなくなってしまうでしょう。ま...

女の子でも「赤ちゃんの髪の毛薄い現象」が起きてもおかしくない

男の子でも女の子でも赤ちゃんは可愛いですよね。赤ちゃんの特徴の中で、可愛い以外にあるのが、「髪の...

1歳2ヶ月の子どものお昼寝と睡眠時間・日中の過ごし方との関係

1歳2ヶ月の子どもの睡眠時間はどのくらいが良いのでしょうか。お昼寝の時間が長すぎると夜の就寝時間...

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とは?日中の過ごし方や寝かしつけ方

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間はどのくらいになってくるのでしょうか?お昼寝の時間が短くなり、...

6ヶ月の赤ちゃんの過ごし方、日中の家での過ごし方とポイント

生後6ヶ月になる赤ちゃんは日中どんな過ごし方をするのか、これについて今回はご紹介したいと思います。...

9ヶ月の赤ちゃんの昼寝時間・寝ないときの対策と心がけたいこと

赤ちゃんが9ヶ月になり、昼寝の時間についてのお悩みを抱えているママもいるのではないでしょうか。9ヶ月...

夜泣きにイライラしても怒鳴るのはやめよう!上手に乗り切るコツ

赤ちゃんの夜泣きにイライラしてしまい、つい怒鳴ることもあるかもしれません。しかし、怒鳴ることで赤...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

1歳4ヶ月の子どもの生活リズムと子育てのポイント・注意点

1歳になると生活リズムも整い、大人と同じような生活ができるようになってくるので、子育てをする両親の負...

新生児が外出する時の服装ポイントを季節別でご紹介

抵抗力が弱い新生児を外出させる時、どんな服装がいいのか悩んでしまいます。特に夏や冬は外と室内の温...

2歳8ヶ月の子供のイヤイヤ、癇癪の理由や対処方法をご紹介

子供には1歳半から2歳にかけて、イヤイヤ期が訪れると耳にします。しかし中には意外と大きなイヤイヤ期が...

【赤ちゃんウエア】3ヶ月の赤ちゃんの肌着の種類と選び方

赤ちゃんが生後3ヶ月になると、今まで着ていたサイズの肌着が少し小さくなり、成長を感じるというママも多...

1歳なのに寝る時間が大人と変わらない。大切なのは睡眠時間

1歳になると「赤ちゃん」ではなく子供として家族の一員になって生活出来るようになってくると思います。寝ている時間も好きな時間ではなくリズムも付いてきていると思います。

しかし、寝る時間が大人と同じような遅い時間だった場合。子供なのに大丈夫なのかと心配になってしまうかもしれません。

1歳児の理想的な睡眠時間は12~14時間

大人より数時間ほど多いのが良いとされています。

そのため、夜寝る時間が遅いか早いかどうかでこだわるのではなく、最初はトータルの寝る時間が足りているのかどうかで判断してあげるほうが良いです。

もし、現時点で寝る時間が遅いのに朝起きる時間が早く、理想の寝る時間に達していない場合は昼寝などで補ってあげるようにしましょう。

1歳に必要なのは寝る時間プラス質の良い眠り。なかなか寝られない子供は習慣を変えてみよう

1歳時は、寝る時間の長さも重要ですが、質の良い睡眠を取るのも大切です。

まずは質の良い睡眠の要素とはどのようなものなのか下記で確認してみましょう。

寝る時間帯

寝る時間が取れていればいつでもいいというわけではありません。昼夜逆転してる場合には夜の19時以降に眠るようにして、成長ホルモンが活発になる22時には確実に寝ているようにすることが1歳時にとってとても大切です。

睡眠の量

一度眠りについたら、途中で目覚めることがなく朝まで眠っている方が良いです。

また、普段の睡眠量が少ないからと言って、親の休日だけ子供を寝だめさせるのも効果はありませんのでやめましょう。

寝る時間や起きる時間のリズム

出来るだけ毎日寝る時間や起きる時間は同じにしてあげるようにしましょう。

また、寝る時間だけでなく食事を摂る時間も影響してくるので、毎日同じ時間に摂れるように努力しましょう。

次に睡眠の質が上がる習慣を確認してみましょう。

朝日を浴びる

朝日を浴びると狂ってしまった体内時計が元に戻ると言われています。

そのため毎日同じ時間に起きてカーテンを開けて朝日を浴びてもらうようにしましょう。

寝る時の環境を整える

電気などの明かりは落ち着かずに寝付けない事が多いです。そのため、寝る前には電気を暗くして寝る為の環境を整えてあげてください。

また、子供が寝ようとしている横で親がスマホを見ることもよくありませんので気をつけましょう。

昼寝の時間に気をつける

睡眠時間を調節するために夕方に寝かせてしまうのは、夜眠れなくなってしまうため逆効果です。

そのためできるだけお昼を食べ終わった時間に昼寝させるようにして、夜遅くなる前に眠くなるようにしてあげる事が大切です。

朝だって大変!1歳が起きられないのは寝る時間以外にも原因がある

朝起きてグズグズしているのを見ると、寝る時間が足りなかったからなのかなと思うかもしれませんが、実はそれ以外にも原因があるのです。

寝る直前までテレビを見せていたりしないでしょうか?

これも寝付けなくなる原因になることがあります。また、寝ている時にいびきをかいている場合も睡眠不足の原因になってしまうことがありますので、寝る前にはテレビを見せない努力や、夜寝ている子供を注意して観察することも必要です。

また、1歳時でしたら断乳に挑戦中という方も多いでしょう。これも子供にとってはストレスに感じてしまう事があるのです。また、授乳しながら眠ってしまった場合にも、夜飲んでいたはずのおっぱいがなくなってしまったと不安に感じてしまい、グズグズしてしまう事もあるようです。

1歳は親の影響が大きい時期。寝られないのはママに原因があることも

子供の寝る時間が遅くなってしまう原因が、家族の生活習慣に隠れている場合もあります。

子供の生活習慣は普段家族が過ごしている環境に影響される

父親と母親の両方が遅くまで仕事をしていて寝る時間が遅かったり、そのために夜買い物に付き合わされてしまったり。また、親が子供が寝る前に動画やスマホなどを見てしまう事も子供が夜ふかししてしまう原因になってしまいます。

そのため、子供の夜ふかしを直したい場合には、まず自分の生活習慣を見直して、夜型になっていないか。それに子供が付き合わされたり影響されたりしていないか。一度確認してみる必要があるでしょう。

たかが睡眠不足!?寝る時間が少ないと、子供の将来にこんな影響が表れることもある

まだ1歳児だしそんな心配しなくても良いのでは?と思っている人も居るでしょう。しかし、幼少期の睡眠不足は今後の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

「寝る子は育つ」という言葉がありますが本当にその通りで、寝ることによって心も身体も大きく成長していくのです。

寝る時間が少ないと興味があるものに対して指差しをすることが少なかったり、言葉をなかなか話せなかったり。精神的にも情緒不安定な事が多くなってしまうこともあるようです。

また学力の低下にも繋がってきますので、まだ1歳児だからこれから直していこうと思わずに、今のうちにしっかりと睡眠をとってもらうように親が努力していくことが大切です。