1歳がたくさん寝る大切さ。時間を決めた生活は将来にも影響する

1歳は表情や行動も豊かになり、ますます可愛さを感じる年齢です。

しかし、毎日一緒にいるママにとっては、一筋縄でいかない時期にも感じるでしょう。
夜なかなか寝てくれないことに頭を悩ませているママも少なくありません。

夜なかなか寝ないから朝の寝起きも悪く、さらに反抗的な態度だとママのストレスは溜まる一方です。

寝る時間が足りない状態が続くとママのストレスだけではなく、1歳の子供が成長していく過程で様々な影響が見られる可能性もあります。
人間にとって寝ることは欠かすことの出来ない大切な行動です。

1歳の子供が心地よく寝られるような環境を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんがすぐに泣く!赤ちゃんが泣く理由をご紹介

知り合いの赤ちゃんを見ていると、よく眠り手がかからないように感じたのに、いざ自分の子供を出産してみる...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

冬赤ちゃんと外出する時の服装やポイント、防寒対策を解説

冬に赤ちゃんと外出する時、どんな服装を着せてあげるべきか、どんな防寒対策が必要なのか気になるところで...

中性洗剤でのお洗濯は赤ちゃんにおすすめ!洗い方のポイント

中性洗剤を使ったお洗濯は赤ちゃんの衣類のお洗濯にもおすすめです。では、どうして中性洗剤が赤ちゃん...

1歳児のお昼寝時間と回数!寝ないときの対処法と寝かしつけ方法

1歳の子供の子育てをしているママの中には、子供のお昼寝時間が不規則なことに悩んでいる人もいるのではな...

1歳児の寝る時間の理想や睡眠時間を知って生活リズムを整える

1歳児の寝る時間は何時くらいが理想なのでしょう?夜なかなか子供が寝ないと朝も早く起きることができなく...

幼児がすぐに怒るのはどうして?怒るときの対処方法について

幼児がすぐに怒るのときにはどのような対応をしたらいいのでしょうか。何度も同じことを繰り返したり、大人...

赤ちゃんの冬用パジャマの選び方、寝室の寒さ対策もご紹介

赤ちゃんの冬用パジャマを買おうとお店に行くと、色んな素材やデザインがあって、どれを選んだらいいのか迷...

2才の子どもが夜中に起きる・夜泣きをするのはなぜ?原因と対策

2才の子どもを育てているママの中には、子どもが夜中に起きるようになる・夜泣きが再び始まってしまったこ...

新生児に布団は必要?夏はこうして布団をかけましょう

新生児の夏の布団はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?新生児用の布団セットを用意したけれど、...

赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?睡眠時間と生活リズム

初めての育児に奮闘しているママの中には、夜中の授乳やおむつ替えなどで夜中に起きることを辛く感じている...

3ヶ月の赤ちゃんの寝る時間について学び育児に活かそう

3ヶ月の赤ちゃんはまだまとまって寝ません。夜中に何度も起きてしまうのはお母さんも辛いです。...

赤ちゃんの生後2ヶ月におすすめの服装選びと外出時のポイント

赤ちゃんも生後2ヶ月になると、体も成長しどんどん動きも激しくなってきます。この頃の赤ちゃんには、どの...

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

3ヶ月でよく寝る赤ちゃんは大丈夫?必要な睡眠時間と生活リズム

生後3ヶ月の赤ちゃんを育てている新米ママの中には、赤ちゃんがよく寝ることに不安を感じている人もいるの...

1歳なのに寝る時間が大人と変わらない。大切なのは睡眠時間

1歳になると「赤ちゃん」ではなく子供として家族の一員になって生活出来るようになってくると思います。寝ている時間も好きな時間ではなくリズムも付いてきていると思います。

しかし、寝る時間が大人と同じような遅い時間だった場合。子供なのに大丈夫なのかと心配になってしまうかもしれません。

1歳児の理想的な睡眠時間は12~14時間

大人より数時間ほど多いのが良いとされています。

そのため、夜寝る時間が遅いか早いかどうかでこだわるのではなく、最初はトータルの寝る時間が足りているのかどうかで判断してあげるほうが良いです。

もし、現時点で寝る時間が遅いのに朝起きる時間が早く、理想の寝る時間に達していない場合は昼寝などで補ってあげるようにしましょう。

1歳に必要なのは寝る時間プラス質の良い眠り。なかなか寝られない子供は習慣を変えてみよう

1歳時は、寝る時間の長さも重要ですが、質の良い睡眠を取るのも大切です。

まずは質の良い睡眠の要素とはどのようなものなのか下記で確認してみましょう。

寝る時間帯

寝る時間が取れていればいつでもいいというわけではありません。昼夜逆転してる場合には夜の19時以降に眠るようにして、成長ホルモンが活発になる22時には確実に寝ているようにすることが1歳時にとってとても大切です。

睡眠の量

一度眠りについたら、途中で目覚めることがなく朝まで眠っている方が良いです。

また、普段の睡眠量が少ないからと言って、親の休日だけ子供を寝だめさせるのも効果はありませんのでやめましょう。

寝る時間や起きる時間のリズム

出来るだけ毎日寝る時間や起きる時間は同じにしてあげるようにしましょう。

また、寝る時間だけでなく食事を摂る時間も影響してくるので、毎日同じ時間に摂れるように努力しましょう。

次に睡眠の質が上がる習慣を確認してみましょう。

朝日を浴びる

朝日を浴びると狂ってしまった体内時計が元に戻ると言われています。

そのため毎日同じ時間に起きてカーテンを開けて朝日を浴びてもらうようにしましょう。

寝る時の環境を整える

電気などの明かりは落ち着かずに寝付けない事が多いです。そのため、寝る前には電気を暗くして寝る為の環境を整えてあげてください。

また、子供が寝ようとしている横で親がスマホを見ることもよくありませんので気をつけましょう。

昼寝の時間に気をつける

睡眠時間を調節するために夕方に寝かせてしまうのは、夜眠れなくなってしまうため逆効果です。

そのためできるだけお昼を食べ終わった時間に昼寝させるようにして、夜遅くなる前に眠くなるようにしてあげる事が大切です。

朝だって大変!1歳が起きられないのは寝る時間以外にも原因がある

朝起きてグズグズしているのを見ると、寝る時間が足りなかったからなのかなと思うかもしれませんが、実はそれ以外にも原因があるのです。

寝る直前までテレビを見せていたりしないでしょうか?

これも寝付けなくなる原因になることがあります。また、寝ている時にいびきをかいている場合も睡眠不足の原因になってしまうことがありますので、寝る前にはテレビを見せない努力や、夜寝ている子供を注意して観察することも必要です。

また、1歳時でしたら断乳に挑戦中という方も多いでしょう。これも子供にとってはストレスに感じてしまう事があるのです。また、授乳しながら眠ってしまった場合にも、夜飲んでいたはずのおっぱいがなくなってしまったと不安に感じてしまい、グズグズしてしまう事もあるようです。

1歳は親の影響が大きい時期。寝られないのはママに原因があることも

子供の寝る時間が遅くなってしまう原因が、家族の生活習慣に隠れている場合もあります。

子供の生活習慣は普段家族が過ごしている環境に影響される

父親と母親の両方が遅くまで仕事をしていて寝る時間が遅かったり、そのために夜買い物に付き合わされてしまったり。また、親が子供が寝る前に動画やスマホなどを見てしまう事も子供が夜ふかししてしまう原因になってしまいます。

そのため、子供の夜ふかしを直したい場合には、まず自分の生活習慣を見直して、夜型になっていないか。それに子供が付き合わされたり影響されたりしていないか。一度確認してみる必要があるでしょう。

たかが睡眠不足!?寝る時間が少ないと、子供の将来にこんな影響が表れることもある

まだ1歳児だしそんな心配しなくても良いのでは?と思っている人も居るでしょう。しかし、幼少期の睡眠不足は今後の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

「寝る子は育つ」という言葉がありますが本当にその通りで、寝ることによって心も身体も大きく成長していくのです。

寝る時間が少ないと興味があるものに対して指差しをすることが少なかったり、言葉をなかなか話せなかったり。精神的にも情緒不安定な事が多くなってしまうこともあるようです。

また学力の低下にも繋がってきますので、まだ1歳児だからこれから直していこうと思わずに、今のうちにしっかりと睡眠をとってもらうように親が努力していくことが大切です。