豚ひき肉ハンバーグを離乳食で美味しく食べるレシピとポイント

離乳食がすすむとお肉も美味しく食べてもらいたいですね。

豚ひき肉を使ったふわふわハンバーグなら子供も喜んで食べてくれることでしょう。

離乳食におすすめな豚ひき肉のハンバーグの色々なレシピを紹介します。

まずはハンバーグを食べることが出来る時期や、中に入れる材料などを確認しておきましょう。

ハンバーグがかたかったり、ボソボソしていると食べてくれないこともあるでしょう。
豆腐を入れることで柔らかいハンバーグになります。
早速作り方をごらんください。

ハンバーグの中には何を入れていますか?
野菜やひじきなどを刻んで入れることでバランスよく、お子様も美味しく食べることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

8ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や回数とぐずらず起こすコツを紹介

生後8ヶ月の赤ちゃんになるとお昼寝はどのくらい必要なのか気になるママもいるでしょう。少しずつ動きも活...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

7ヶ月のお昼寝時間や生活リズムの整え方!寝かしつけのコツ

生後7ヶ月の赤ちゃんはお昼寝の時間はどのくらい必要なのかと気になるお母さんもいるでしょう。7ヶ月にな...

1歳児の理想的な就寝時間は?生活リズムを整えて健康的な睡眠を

1歳児の子育てをしているママの中には、子供の就寝時間が遅くなってしまうことに頭を悩ませている人もいる...

中性洗剤でのお洗濯は赤ちゃんにおすすめ!洗い方のポイント

中性洗剤を使ったお洗濯は赤ちゃんの衣類のお洗濯にもおすすめです。では、どうして中性洗剤が赤ちゃん...

3ヶ月の赤ちゃんが寝ないとお困りのママへ。寝かしつけのコツ

赤ちゃんも生後3ヶ月になり、今までよりは良く寝てくれるようになってくれるかなぁと思っているママもいる...

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの整え方は?一日の生活の様子

4ヶ月の赤ちゃんは一体どのような生活リズムで毎日を過ごしているのか気になっているママもいるのでは...

育児で睡眠不足を感じるママへこの時期の睡眠不足を乗り切る方法

生まれたばかりの赤ちゃんがいるママは、睡眠不足を感じている方がほとんどだと思います。昼夜なく泣く赤ち...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

赤ちゃんが産まれるまでにしておきたいこと、やるべきこと

先輩ママが産後思うのが、「赤ちゃんが産まれるまで〇〇しておきたかった、やるべきだった」ということ。...

赤ちゃんの冬用パジャマの選び方、寝室の寒さ対策もご紹介

赤ちゃんの冬用パジャマを買おうとお店に行くと、色んな素材やデザインがあって、どれを選んだらいいのか迷...

新生児に必要な服と服装の注意点【夏生まれの赤ちゃん服】

これから赤ちゃんが生まれるというママは、新生児用にどんな服を何枚くらい揃えておけば良いのかと悩む方も...

生後1歳2ヶ月の赤ちゃんの発達のようすと関わり方のポイント

初めての出産、育児を経験しているママにとって、子供の成長は目まぐるしく、ついていくのがやっと。忙...

9ヶ月の赤ちゃんも怒る?赤ちゃんが怒ったときの対処方法

9ヶ月の赤ちゃんはどんなことで怒るのでしょうか?ご飯は食べたし、お昼寝もした、オムツも変えたのに泣い...

10ヶ月の赤ちゃんが寝る時間とは?寝かしつけのポイント

10ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらいの時間寝るのでしょうか。だんたんと起きている時間が長くなり、...

離乳食で豚ひき肉のハンバーグが食べられる時期や注意点

毎日、赤ちゃんのお世話に忙しさを感じながらも成長していく姿に幸せを感じている方は多いのではないでしょうか。

1日ごとにすくすくと成長していく赤ちゃんは、目が離せなくお世話が大変でもありますが、感情豊かになっていくのを見ると、喜びもひとしおですよね。

母乳やミルクから、離乳食に入ると、食べられるものも少しずつ増えていき、作る手間はかかりますが、美味しそうに食べる赤ちゃんの様子を見るのが楽しみな時間でもあります。

離乳食、中期~後期

お肉を取り入れる場合、赤ちゃんが食べやすく、人気なのが「ハンバーグ」です。

お肉にも鶏肉、豚肉、牛肉…と種類がたくさんありますが、どれもアレルギーを起こす可能性のある物に含まれているので、初めて赤ちゃんに食べさせる時には、一口食べさせて少し様子を見るなどの対応が必要です。

初めて口にするのはなるべく昼間に食べさせる

出来れば、夜ご飯としてではなく、昼ご飯など、病院が診療している時間に食べさせると万が一アレルギーを発症してしまっても病院を受診できるので安心です。

お肉自体離乳食に使うのが初めての場合は、まずアレルギー反応が割と少ない鶏肉、特にささみ肉や胸肉がおすすめです。

これらのお肉は脂肪分が少なく身が柔らかいので食べやすいこともポイントです。

お肉に慣れてきたところで、肉の旨味を感じられる豚ひき肉を使ったハンバーグがおすすめです。

離乳食でハンバーグにするメリット

お肉だけではなく、細かく切った野菜類もたくさん入れられて、ひとつで栄養が多く摂れることです。

小さめに丸めることで、赤ちゃんも食べやすくなります。

離乳食におすすめ。豆腐を入れたら豚ひき肉のハンバーグがふわふわに

離乳食では、大人のように本格的な味付けにする必要はなく、味付けも最低限です。

素材の食感や味を楽しめる離乳食がおすすめ

ハンバーグはお肉が食べられるようになった赤ちゃんの中でも大好きな子が多いメニューのひとつです。

豆腐の食感が赤ちゃんも食べやすくする

ハンバーグの中に、豆腐を加えることにより、大豆のタンパク質が摂れ、また、食感も柔らかく食べやすいものになります。

特に離乳食は、大人の食べ物とは違い、調味料をほとんど使わないので、豆腐の優しい味わいが子供にも食べやすい味になります。

ハンバーグを作るときは、水切りした豆腐を豚ひき肉と同量程度加えて作るのがおすすめです。

豚ひき肉のハンバーグに色々入れたい離乳食のレシピ

赤ちゃんがよく食べる離乳食が限定されている場合、心配なのが栄養が偏ってしまうことです。

知人の赤ちゃんは、好き嫌いが激しく、野菜を分からないように入れても器用に野菜だけ残すと嘆いていました。

小さい赤ちゃんは、離乳食の栄養がそのまま成長に直結する

栄養バランスの取れた離乳食を与えたいと考える人は多いでしょう。

積極的に取り入れたい素材は「野菜」

野菜だけのソテーや茹で野菜で食べてくれない赤ちゃんに有効なメニューがハンバーグです。

ハンバーグにみじん切りにした野菜を混ぜ込むことで、赤ちゃんも食べてくれることが多いからです。

火が通ると柔らかくなるキャベツや大根も、下茹でしてから混ぜ込むとジューシー差が加わり食べやすくなります。

タマゴを使わないハンバーグのレシピもあります

卵は、様々な料理に活用できる万能とも言える食材の一つですが、特に乳幼児では卵アレルギーを持つ赤ちゃんが多い食材でもあります。

卵を食べ始めるのは離乳食中期の7ヶ月頃からという人は多い。

最初のうちは加熱した黄身だけ、そして徐々に食べる量や範囲を増やしていくという慎重な食べ方を行うことが一般的です。

もし卵アレルギーと診断されたら、卵を使わない離乳食を考えたり、市販の物でも卵が含まれていないかをチェックしたりと、気を遣いますよね。

ハンバーグを作る際にも材料のつなぎとして卵を使うことが普通ですが、卵アレルギーの場合は、卵は使えません。

卵の替わりとして使えるのが、「片栗粉」

片栗粉はデンプンなので、水溶き片栗粉を卵の替わりに入れることで、ハンバーグの材料のつなぎになります。

離乳食に豚ひき肉を使う場合の料理のポイント

豚ひき肉を使ったハンバーグは、肉の旨味が感じられるので、おすすめの離乳食ですが、気になるのが肉独特の臭みです。

大人が食べるハンバーグであれば、調味料を使うなどして臭みを感じなくすることが出来ますが、離乳食では調味料をほとんど使わないため、素材の味がダイレクトに伝わります。

豚ひき肉は下茹でするとくさみが取れる

そのため、豚ひき肉を使ったハンバーグを作る時には、ひき肉を一旦茹でることで、ひき肉に含まれる脂肪分を落とし、同時に肉の臭みを取ることが出来ます。

また、離乳食は肉には完全に火を通すことが必須なので、茹でることでこの心配も無くなります。