ベビー服の収納に便利なハンガーラックとおすすめの収納術

出産を控えた妊婦さんにとって、キッズスペース作りはお腹の中の赤ちゃんの成長と同じくらい楽しみなことの一つですよね。
どうせ作るならおしゃれでかわいいキッズスペースにしたい、収納しやすくインテリアにも合う収納が欲しい、と考えているママも多いのではないかと思います。

今回は、ベビー服の収納に便利な、ハンガーラックについて紹介します。
ハンガーラックは通販などでも簡単に手に入れることができますが、自分で作るとインテリアに合った使い勝手の良いものが出来るのでおすすめです。
ぜひ作り方を参考に、自分好みのハンガーラックをDIYしてみてください。

また、ベビー服の収納には100均のアイテムが便利です。
ベビー服をきれいにすっきり収納するコツについても紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1歳9ヶ月の子どもに適したお昼寝時間と良い睡眠リズムの作り方

共働き世帯で子どもを保育園に預けている場合、子どもは日中保育園で規則正しい生活をしているため、出来る...

11ヶ月の赤ちゃんの睡眠問題、寝ぐずりや夜泣きの理由と対策

11ヶ月になると次第に赤ちゃんの生活リズムが整ってきます。お昼寝も1日1回になったり、睡眠時間も...

2人目育児は大変?2人目が男の子の場合の乗り越え方と育児術

望んでできた2人目なのに、周りから「育児は大変だよ。男の子ならもっと大変」と言われてしまうと、急に不...

生後2ヶ月の赤ちゃんの寝る時間の目安や寝ぐずり対策をご紹介

生後2ヶ月になると、少しずつ赤ちゃんの眠りにも変化が出始め、まとめて寝る時間が増えてきたり、寝ぐ...

生後10ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの作り方と身に付けさせ方

日々成長していく赤ちゃん。赤ちゃんの成長に応じて1日の生活リズムは変わってくるので、大人と同じ生...

3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と寝ないときの対策・心がけたいこと

3ヶ月頃の赤ちゃんは、新生児の頃に比べるとまとめて寝てくれる時間が長くなります。ですが、まだ大人と同...

オムツを取る時期はいつ?トイレトレーニングの目安と進め方

初めての子育てに奮闘中のママの中には、子どものオムツを取る時期は一体いつなのか知りたい人もいるのでは...

生後四ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の特徴と良い睡眠リズムの作り方

初めての育児はママにとってわからないことばかり。新生児期を過ぎて二ヶ月、三ヶ月と子どもが成長して...

4ヶ月になると赤ちゃんはママに睡眠時間をプレゼントしてくれる

赤ちゃんはまさに天使です。そこにいてくれるだけで、周りのみんなを癒し笑顔にしてくれます。...

乳児の冬時期の布団選びや注意点、防寒対策+事故防止を意識して

冬の寒い時期に乳児を寝かせる時、寒くないだろうか、汗はかいてないかかとママは不安になってしまいます。...

生後3ヶ月の赤ちゃんが昼寝をしすぎる?赤ちゃんの睡眠について

初めての赤ちゃんとの生活はわからないことだらけで、ママにとって不安を感じる場面も沢山あることでし...

4ヶ月の赤ちゃんの一日の生活リズム・整え方のポイントを解説

赤ちゃんが4ヶ月くらいになると、それまでよりも少しずつ起きている時間が増えてきます。また、楽しそうに...

生後五ヶ月のお昼寝はどのくらい?お昼寝の目安について

生後五ヶ月は、一日のリズムが段々と整ってくる時期です。お昼寝もまとまってするようになってくるでしょう...

3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きる理由と対処方法について

3ヶ月になると夜中に起きることが少なくなるのでは?徐々に伸びていくる赤ちゃんの睡眠時間ですが、赤ちゃ...

子作りのタイミングはいつ?2人目を考えるときの判断基準

一人目の子育てが大変だから、2人目の子作りのタイミングをいつにしたらいいのかわからない…という夫婦は...

ベビー服の収納にハンガーラックがおすすめな理由

子供のベビー服はデザインも可愛く出産の準備をしている時から見ていて嬉しくなる方も多いと思います。

ベビー服を揃えたら収納をすると思いますがここでおすすめなのが、ハンガーラックを使って収納をすることです。

赤ちゃんの時期は服を汚すことが多く、洗濯も頻回に行う時期でもあります。

ハンガーラックのメリットは畳む手間なく、選びやすいこと

  • 洗濯した服をハンガーにかけ、乾いたらそのまま干した状態で収納することができます。
  • 色々な種類がある中から着せたい服を一目で探すことができます。
  • 価格も手頃な物もあり、衣装ケースをいくつも購入するより安く済むこともあります。

お気に入りのベビー服をしまっておいて、サイズが合わなくなって着られないということもなくなります。

産後は自分の体調の戻りが遅いこともあり、赤ちゃんのお世話や家事など時間をうまく使うのは難しい時期です。

揃えたベビー服を使いやすく収納するには、「ハンガーラック」がおすすめです。

ベビー服を収納するハンガーラックをおしゃれにDIYする方法

ベビー服を収納するハンガーラックを購入するのが難しい場合は簡単に手作りすることができます。

ベビー服の収納には「突っ張り棒」と「カラーボックス」

ベビー服は小さく、大人の服に比べて丈が短く軽い物が多いため上記の物で収納することができます。

突っ張り棒は服をかける量によって、重さが合わずにずれ落ちてしまう物もあります。
突っ張り棒は太くある程度の重さに使える物がおすすめです。

カラーボックスは縦に使うと服をかけても、床に服がついてしまうことがないです。

出来たら、棚の高さを好みによって変わられるタイプがおすすめです。

手順

  1. カラーボックスの1番上のスペースの上部に突っ張り棒をセットします。
    この時、突っ張り棒が棚の板と近すぎると、ハンガーがぶつかりかけにくくなるので、少し余裕をみてセットします。
  2. お好みでカラーボックスの底の部分にキャスターを付けると、移動できるハンガーラックになります。
  3. ベビー服をハンガーのセットして突っ張り棒にかけて完成です。

ハンガーラックはベビー服の収納以外にも使うことができます

ベビー用のハンガーラックは引き出しのスペースがあり服だけではなく他のベビーグッズも収納することができます。

おむつ必ず使うことになるおむつは収納場所が広く必要になると思います。
また、おむつを余分に購入しておくという方も多いと思いますが、このスペースを活用することができます。
おもちゃおもちゃを収納する時にも役立ってきます。
きれいに一つ一つのおもちゃを並べて保管することは難しいと思いますが、引き出しにそのまま入れるだけで片付けも楽にすることができます。
ベビーケア用品中に仕切りをつけることで、細々したケア用品もすっきり収納することができます。
絵本引き出しのケースは使わずにそのまま立てておけば絵本の収納場所にもなります。
低い位置にセットしておけば、赤ちゃんが自分で手を伸ばして取ることもできます。

100均のアイテムでベビー服をすっきり収納する方法

ハンガーラックの他にもベビー服を収納するおすすめな方法があります。

お部屋がカラフルにポップな印象の時にはスクエアボックスがおすすめ

スクエアボックスは100均でも購入することができます。

色もいくつか種類があり蓋をした積み重ねることもできます。

色違いにして、兄弟で分けることもできます。

シンプルにおしゃれに収納したい時はストレージボックスもおすすめです。

サイズが大きい物だと服以外におむつ類も収納することができます。

中身を見えにくくしたい場合は引き出しに収納したり、上にお気に入りの布をかぶせておくのも良いです。

ベビー服を簡単できれいに収納するためのコツ

ベビー服は着替えが多いことから量が多く収納に困る方も多いと思います。

いくつかポイントがわかるとベビー服も畳んできれいに収納することができます。

丸めて収納する

  1. 服を広げて縦に半分に畳みます。
  2. 袖を中央に折り長方形の形にします。
  3. あとは端からきつめに丸めて、縦に立てて収納します。

畳んで立てて収納する

  1. 服を広げて縦に半分に畳みます。
  2. 袖を中央に折り形を長方形にします。
  3. 収納するケースの深さに合わせて服を二つ折りが三つ折りします。
  4. 畳んで輪になっているとこをがケースの上に来るように立てて収納します。
紐がついている物は袖を一緒に中央に折り込みます。
まだ赤ちゃんが小さいうちは、肌着と服をすぐに着せられる状態に重ねてから畳むと、使いたい時にすぐに着せることができます。