ベビー服の収納に便利なハンガーラックとおすすめの収納術

出産を控えた妊婦さんにとって、キッズスペース作りはお腹の中の赤ちゃんの成長と同じくらい楽しみなことの一つですよね。
どうせ作るならおしゃれでかわいいキッズスペースにしたい、収納しやすくインテリアにも合う収納が欲しい、と考えているママも多いのではないかと思います。

今回は、ベビー服の収納に便利な、ハンガーラックについて紹介します。
ハンガーラックは通販などでも簡単に手に入れることができますが、自分で作るとインテリアに合った使い勝手の良いものが出来るのでおすすめです。
ぜひ作り方を参考に、自分好みのハンガーラックをDIYしてみてください。

また、ベビー服の収納には100均のアイテムが便利です。
ベビー服をきれいにすっきり収納するコツについても紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2歳8ヶ月の子供のイヤイヤ、癇癪の理由や対処方法をご紹介

子供には1歳半から2歳にかけて、イヤイヤ期が訪れると耳にします。しかし中には意外と大きなイヤイヤ期が...

生後7ヶ月頃の赤ちゃんにみられる奇声、原因はなに?

生まれてすぐには泣き声しか出せなかった赤ちゃんも、少しずつ「アー」とか「ウー」とお話できるようになっ...

1歳児の就寝時間の理想と現実・共働き夫婦におすすめの生活習慣

子どもが1歳になったのをきっかけに育児休業が終わり、働きに出るママも多いと思います。まだ小さい1...

赤ちゃんの冬用パジャマの選び方、寝室の寒さ対策もご紹介

赤ちゃんの冬用パジャマを買おうとお店に行くと、色んな素材やデザインがあって、どれを選んだらいいのか迷...

乳児の冬時期の布団選びや注意点、防寒対策+事故防止を意識して

冬の寒い時期に乳児を寝かせる時、寒くないだろうか、汗はかいてないかかとママは不安になってしまいます。...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

子供用品スッキリ収納アイデア!隠す収納でも使いやすくするコツ

子供が生まれると、おむつやベビー用のケア用品、たくさんの衣類など、多くのものが必要になります。部屋の...

年の差のある人と結婚した時、子供が出来た時に想定される事柄

世の中の結婚するカップルの中には、彼氏や彼女との年齢が離れている年の差カップルでの結婚もあります。...

1歳2ヶ月の子どものお昼寝と睡眠時間・日中の過ごし方との関係

1歳2ヶ月の子どもの睡眠時間はどのくらいが良いのでしょうか。お昼寝の時間が長すぎると夜の就寝時間...

4ヶ月の赤ちゃんが寝る時間はどのくらい?寝かしつけの方法

4ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらい寝る時間が必要なのでしょうか。午前中、午後、夕方にお昼寝をして...

5ヶ月の赤ちゃん【生活リズム】理想と整えるためのコツを紹介

生後5ヶ月の赤ちゃんはだんだん夜も長く眠るようになってくるので、生活リズムを整えやすくなっていき...

赤ちゃんの生後2ヶ月におすすめの服装選びと外出時のポイント

赤ちゃんも生後2ヶ月になると、体も成長しどんどん動きも激しくなってきます。この頃の赤ちゃんには、どの...

1歳のイヤイヤ期、ひどいイヤイヤが始まる理由と対処方法

2歳はイヤイヤが始まる時期と耳にしますが、1歳半頃からイヤイヤが始まることもあります。まだま...

冷凍ご飯をおかゆに【離乳食】に便利な作り方やレンジの活用法

離乳食を食べる時期になると、ご飯が食べられるようになった喜びとともに毎日の食事の支度が大変な面がある...

生後8ヶ月の赤ちゃんの寝る時間や睡眠・成長・活動の特徴

初めての育児に挑戦中のママにとって、子どもの成長は嬉しいと共にいつも心配や不安と隣り合わせ。赤ち...

ベビー服の収納にハンガーラックがおすすめな理由

子供のベビー服はデザインも可愛く出産の準備をしている時から見ていて嬉しくなる方も多いと思います。

ベビー服を揃えたら収納をすると思いますがここでおすすめなのが、ハンガーラックを使って収納をすることです。

赤ちゃんの時期は服を汚すことが多く、洗濯も頻回に行う時期でもあります。

ハンガーラックのメリットは畳む手間なく、選びやすいこと

  • 洗濯した服をハンガーにかけ、乾いたらそのまま干した状態で収納することができます。
  • 色々な種類がある中から着せたい服を一目で探すことができます。
  • 価格も手頃な物もあり、衣装ケースをいくつも購入するより安く済むこともあります。

お気に入りのベビー服をしまっておいて、サイズが合わなくなって着られないということもなくなります。

産後は自分の体調の戻りが遅いこともあり、赤ちゃんのお世話や家事など時間をうまく使うのは難しい時期です。

揃えたベビー服を使いやすく収納するには、「ハンガーラック」がおすすめです。

ベビー服を収納するハンガーラックをおしゃれにDIYする方法

ベビー服を収納するハンガーラックを購入するのが難しい場合は簡単に手作りすることができます。

ベビー服の収納には「突っ張り棒」と「カラーボックス」

ベビー服は小さく、大人の服に比べて丈が短く軽い物が多いため上記の物で収納することができます。

突っ張り棒は服をかける量によって、重さが合わずにずれ落ちてしまう物もあります。
突っ張り棒は太くある程度の重さに使える物がおすすめです。

カラーボックスは縦に使うと服をかけても、床に服がついてしまうことがないです。

出来たら、棚の高さを好みによって変わられるタイプがおすすめです。

手順

  1. カラーボックスの1番上のスペースの上部に突っ張り棒をセットします。
    この時、突っ張り棒が棚の板と近すぎると、ハンガーがぶつかりかけにくくなるので、少し余裕をみてセットします。
  2. お好みでカラーボックスの底の部分にキャスターを付けると、移動できるハンガーラックになります。
  3. ベビー服をハンガーのセットして突っ張り棒にかけて完成です。

ハンガーラックはベビー服の収納以外にも使うことができます

ベビー用のハンガーラックは引き出しのスペースがあり服だけではなく他のベビーグッズも収納することができます。

おむつ必ず使うことになるおむつは収納場所が広く必要になると思います。
また、おむつを余分に購入しておくという方も多いと思いますが、このスペースを活用することができます。
おもちゃおもちゃを収納する時にも役立ってきます。
きれいに一つ一つのおもちゃを並べて保管することは難しいと思いますが、引き出しにそのまま入れるだけで片付けも楽にすることができます。
ベビーケア用品中に仕切りをつけることで、細々したケア用品もすっきり収納することができます。
絵本引き出しのケースは使わずにそのまま立てておけば絵本の収納場所にもなります。
低い位置にセットしておけば、赤ちゃんが自分で手を伸ばして取ることもできます。

100均のアイテムでベビー服をすっきり収納する方法

ハンガーラックの他にもベビー服を収納するおすすめな方法があります。

お部屋がカラフルにポップな印象の時にはスクエアボックスがおすすめ

スクエアボックスは100均でも購入することができます。

色もいくつか種類があり蓋をした積み重ねることもできます。

色違いにして、兄弟で分けることもできます。

シンプルにおしゃれに収納したい時はストレージボックスもおすすめです。

サイズが大きい物だと服以外におむつ類も収納することができます。

中身を見えにくくしたい場合は引き出しに収納したり、上にお気に入りの布をかぶせておくのも良いです。

ベビー服を簡単できれいに収納するためのコツ

ベビー服は着替えが多いことから量が多く収納に困る方も多いと思います。

いくつかポイントがわかるとベビー服も畳んできれいに収納することができます。

丸めて収納する

  1. 服を広げて縦に半分に畳みます。
  2. 袖を中央に折り長方形の形にします。
  3. あとは端からきつめに丸めて、縦に立てて収納します。

畳んで立てて収納する

  1. 服を広げて縦に半分に畳みます。
  2. 袖を中央に折り形を長方形にします。
  3. 収納するケースの深さに合わせて服を二つ折りが三つ折りします。
  4. 畳んで輪になっているとこをがケースの上に来るように立てて収納します。
紐がついている物は袖を一緒に中央に折り込みます。
まだ赤ちゃんが小さいうちは、肌着と服をすぐに着せられる状態に重ねてから畳むと、使いたい時にすぐに着せることができます。