【離乳食】10倍がゆをご飯から電子レンジ・鍋・炊飯器で作ろう

赤ちゃんが生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始する時期がやってきます。初めての子育ての場合、離乳食の作り方がわからないもの。10倍がゆをどうやって作れば良いのか知りたい人もいるのではないでしょうか。

ここでは、10倍がゆをご飯から作る方法についてお伝えします。電子レンジ・鍋・炊飯器で作る方法についてお伝えしますので、是非参考にしてみてください。

また、作ったご飯を冷凍保存する方法と解凍方法についてもご紹介します。こちらも併せて参考にして、赤ちゃんの離乳食を手作りしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由を考えて前向きになれる工夫を紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんは急に奇声をあげて叫ぶことがあります。そんな赤ちゃんの行動に心配してしまうお母さ...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

1歳4ヶ月の子どもの生活リズムと子育てのポイント・注意点

1歳になると生活リズムも整い、大人と同じような生活ができるようになってくるので、子育てをする両親の負...

3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きる理由と対処方法について

3ヶ月になると夜中に起きることが少なくなるのでは?徐々に伸びていくる赤ちゃんの睡眠時間ですが、赤ちゃ...

豚ひき肉を使った離乳食。手づかみ出来るおすすめレシピや作り方

お子様の離乳食は順調に進んでいますか?離乳食が進んでいくと食べることが出来る物が増えていくので楽...

年の差のある人と結婚した時、子供が出来た時に想定される事柄

世の中の結婚するカップルの中には、彼氏や彼女との年齢が離れている年の差カップルでの結婚もあります。...

ハイハイ期の赤ちゃん、9ヶ月の服装は動きやすさを重視

赤ちゃんはどんどん成長をし、大きくなっていきます。用意した服もすぐに着れなくなってしまうでしょう。ま...

1歳4ヶ月の子供は昼寝が必要?寝ないときの対策と昼寝の考え方

1歳4ヶ月のお子さんを育てているママの中には、子供が昼寝をしないことに頭を悩ませている人もいるのでは...

1歳のイヤイヤ期、ひどいイヤイヤが始まる理由と対処方法

2歳はイヤイヤが始まる時期と耳にしますが、1歳半頃からイヤイヤが始まることもあります。まだま...

中性洗剤でのお洗濯は赤ちゃんにおすすめ!洗い方のポイント

中性洗剤を使ったお洗濯は赤ちゃんの衣類のお洗濯にもおすすめです。では、どうして中性洗剤が赤ちゃん...

赤ちゃんの生後2ヶ月におすすめの服装選びと外出時のポイント

赤ちゃんも生後2ヶ月になると、体も成長しどんどん動きも激しくなってきます。この頃の赤ちゃんには、どの...

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

夜泣きにイライラしても怒鳴るのはやめよう!上手に乗り切るコツ

赤ちゃんの夜泣きにイライラしてしまい、つい怒鳴ることもあるかもしれません。しかし、怒鳴ることで赤...

7ヶ月のお昼寝時間や生活リズムの整え方!寝かしつけのコツ

生後7ヶ月の赤ちゃんはお昼寝の時間はどのくらい必要なのかと気になるお母さんもいるでしょう。7ヶ月にな...

生後8ヶ月の赤ちゃんが寝ない!夜泣きの理由や対処方法をご紹介

赤ちゃんの悩みというと必ず耳にするのが睡眠について。お昼寝をしすぎて困る、お昼寝をしない、夜泣きが激...

離乳食の作り方・電子レンジでご飯から作る方法

赤ちゃんの離乳食が始まったら、1番最初に口にするのが10倍がゆです。
最初はこれだけでいいのですが、離乳食が進むに連れて用意する食材も多くなります。

10倍がゆを作る方法はたくさんあります。
そこでまず最初にご紹介するのが、電子レンジで作る方法です。

お米から作るのではなく、炊飯器で炊いたご飯と水を使ってつくります。

赤ちゃんが1度に食べるお粥の量は少だけ

ですので、用意するご飯も一口分です。

例えば、小さじ1杯程度のご飯に対して水は大さじ2です。
ご飯の量よりも、水のほうが多くなります。
  1. まず、耐熱容器にご飯と水を入れてよく混ぜます。この時、ご飯同士がバラバラになっている状態にします。
  2. ラップを軽くかけます。
  3. 600Wの電子レンジで約1分30秒加熱して、とりだしたらラップをしたまま蒸らします。
  4. 10分経ったら、食べやすいようにすりつぶしたり、裏ごしをしてなめらかになったら完成です。

使うご飯もほんの少しなので、大人のご飯を炊いてそこからもらって使えるので便利です。
蒸らす時間はありますが、加熱時間も短いのでおすすめです。

離乳食の10倍がゆを電子レンジで作る時の注意点・ポイント

電子レンジで作る10倍がゆはとても簡単でお手軽なのですが、その時に注意するポイントがあります。

10倍がゆを作る器の大きさ

量が少ないからと、小さいものにしてしまうと、吹きこぼれが起きてしまうことがあります。
また、加熱されすぎてしまい、水分が足りなくなることもあります。

  • 耐熱容器の大きさは余裕のあるもの
  • 水を少しだけ多めに入れる

この2点に注意しましょう。

さらに、1度に加熱するよりも、少しずつ様子を見ながら行うと吹きこぼれの心配が少なくなります。
1度で加熱時間を設定したほうが楽ですが、様子を見ながら加熱したほうが上手く10倍がゆを作れるでしょう。

10倍がゆはとろりとしていているもの

もし、加熱のし過ぎで水分がなくなってしまうと、ねばっとしたお粥が出来上がります。もちろんそのままでは赤ちゃんは食べることができません。

作り直してもいいのですが、大体小さじ2くらいのお湯を足して混ぜ合わせればOKです。
作り直すよりも、こちらのほうが簡単で早く作ることが可能です。

電子レンジで作る10倍がゆの加熱時間は目安なので、上記の事を防ぐためにも最初は短めに始めるのがおすすめ。
何度か作っているうちに、自分の電子レンジの適した時間がわかってくると思います。

10倍がゆをご飯から作る方法・鍋で作る作り方

では、次に鍋で10倍がゆを作る方法をご紹介します。

こちらも炊いたご飯を使ってつくります。

鍋はある程度大きさや深さがあるので何食か分作っておくことが可能です。使う鍋はフタ付きの物を用意してください。

【材料】

  • ご飯 60g
  • 水 400ml

【作り方】

  1. 鍋にご飯と水をいれてかたまりがないように混ぜます。
  2. 鍋を沸騰するまで中火にかけます。
  3. 弱火にして、15分程度煮込みます。この時ずっとではなくてもいいですが、たまにかき混ぜるようにします。
  4. しっかりとご飯が柔らかくなったら、フタをして5~10分蒸らします。
  5. 蒸らしたら、つぶして裏ごししたら完成です。

電子レンジの場合はどちらかというと1食分作るのに適していますが、鍋だと1食分はつくりづらいと思うのでまとめて作るのがおすすめです。
後でご紹介しますが、たくさん作ったとしても冷凍保存できるので安心してくださいね。

炊飯器で離乳食作り・炊飯器を使って10倍がゆをご飯から作る方法

最後に、お米から10倍がゆを作る方法をご紹介します。
ご飯を炊くので炊飯器を使用するのですが、全てお粥を炊くのではなく、普通のご飯を炊く時に一緒にお粥を炊く方法です。

簡単に10倍がゆを作るのに必要なのは、湯のみ

マグカップでもいいですが、取って部分が邪魔になることもあるので、個人的には湯のみがおすすめです。

  1. まず、お米を用意します。
  2. お粥用のお米は小さじ2、大人用のお米は何合でもいいのですが、今回は2合分用意します。
  3. それを合わせて一緒にきれいになるまで研ぎます。
  4. とぎおわったら、そこから湯のみにお粥分のお米を量っていれて、水を1/2カップいれます。
  5. 炊飯釜に大人用のお米をいれ水を量ったら炊飯器にいれます。
  6. その中心部分に、お米とお水の入った湯のみをグイグイと入れ立てて、倒れないか確認します。
  7. 後は、炊飯器のスタートボタンを押して炊きあがるのを待つだけです。

ご飯を炊くタイミングと離乳食のタイミングが同じであれば、炊飯器で一緒に炊くと1食分の10倍がゆができてしまうので簡単です。

10倍がゆを冷凍保存・解凍する方法

さきほど、まとめて作った10倍がゆは冷凍保存することができると書きましたが、詳しい方法と解凍の仕方をご紹介します。

冷凍する時にポイントがあります。

10倍がゆの冷凍は製氷皿が便利

100均にも売られているフタ付きの製氷皿を用意して、10倍がゆを冷凍しましょう。冷凍はどんな容器でも保管できますが、製氷皿だと1食分ずつ分けて冷凍できるので食べるときには便利です。
また、製氷皿は薄いので冷凍庫で場所をとることもありません。

完全に凍ったら、ジッパー付きの冷凍保存袋にうつしておくのもOKです。

離乳食を食べる量は増えていく

初めはひとさじから始まった10倍がゆも、段々と食べる量が増えていきます。
まとめて作った時に1さじ分だけで分けても2個、3個と解凍すればいいのですが、1さじ分のキューブ、2さじ分のキューブと量を変えて冷凍するのもおすすめです。
自分のやりやすい方で冷凍するといいでしょう。

食べる時は、電子レンジでしっかりと解凍する

熱々のものは食べれないからと、解凍時間を少なくするのは避けましょう。
きちんと一度しっかりと熱く加熱してから、冷ましてあげるようにしてください。