お風呂で使う赤ちゃんグッズ。入浴が快適になる便利アイテム

赤ちゃんに必要な道具はたくさんのものがありますが、お風呂の時に必要なグッズもいろいろなものがあります。
そこで、赤ちゃんのお風呂に必要なグッズをご紹介します。生まれてすぐに必要なベビーバスを始め、ママと一緒にお風呂に入るようになってから使える便利なアイテムがあります。赤ちゃんとの入浴を快適にするために、早めに準備しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

1歳8ヶ月の子どもに昼寝の時間は必要!生活リズムの整え方

1歳8ヶ月のお子さんが昼寝をしないことに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。お昼...

女の子でも「赤ちゃんの髪の毛薄い現象」が起きてもおかしくない

男の子でも女の子でも赤ちゃんは可愛いですよね。赤ちゃんの特徴の中で、可愛い以外にあるのが、「髪の...

冷凍ご飯をおかゆに【離乳食】に便利な作り方やレンジの活用法

離乳食を食べる時期になると、ご飯が食べられるようになった喜びとともに毎日の食事の支度が大変な面がある...

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とは?日中の過ごし方や寝かしつけ方

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間はどのくらいになってくるのでしょうか?お昼寝の時間が短くなり、...

ベビー服の収納に便利なハンガーラックとおすすめの収納術

出産を控えた妊婦さんにとって、キッズスペース作りはお腹の中の赤ちゃんの成長と同じくらい楽しみなことの...

お風呂に1日入らないのはあり?赤ちゃんの入浴頻度と注意点

産まれたばかりの赤ちゃんはベビーバスなどを使って大人とは別にお風呂に入ります。これを沐浴と言いますが...

子供が寝ないとイライラするママへ。すんなり寝かせるための習慣

夜になってもなかなか寝ない子供にイライラしているママも多いと思います。子供が寝てから家事を片付けよう...

2才の子どもが夜中に起きる・夜泣きをするのはなぜ?原因と対策

2才の子どもを育てているママの中には、子どもが夜中に起きるようになる・夜泣きが再び始まってしまったこ...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

新生児用の肌着は赤ちゃんにいつまで着せるのか紹介

赤ちゃんが生まれる時に用意するもののリストには、肌着が含まれていますよね?新生児用の肌着には、短...

3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と寝ないときの対策・心がけたいこと

3ヶ月頃の赤ちゃんは、新生児の頃に比べるとまとめて寝てくれる時間が長くなります。ですが、まだ大人と同...

冬の赤ちゃんとのお出かけで準備しておきたい防寒アイテム

冬に赤ちゃんと一緒にお出かけする時には、防寒のためのアイテムが必要です。気温が下がり、冬本番にになる...

子育ては疲れるしイライラするからこそデトックスが必要

子育てにイライラして疲れるときにはどうしたらいいのでしょうか?自分の時間が欲しいと思っても子供を一人...

冬赤ちゃんと外出する時の服装やポイント、防寒対策を解説

冬に赤ちゃんと外出する時、どんな服装を着せてあげるべきか、どんな防寒対策が必要なのか気になるところで...

生まれてすぐの赤ちゃんに必要なお風呂グッズ、ベビーバスの選び方

産まれたばかりの赤ちゃんは浴槽には浸からずに赤ちゃん専用のベビーバスを使って入浴します。
どんな風にお風呂に入れるのかイメージしながら使いやすいベビーバスを選びましょう。

小型タイプ

浴室が狭い、腰が痛くて立ったまま赤ちゃんを沐浴させたい時には小型タイプのベビーバスを選ぶといいでしょう。

浴室ではなくシンクに入れて使うことができるので立ったままでOKです。

プラスチックタイプ

このタイプはある程度大きさもありますし、プラスチックなので安定感もあります。
浴室で使用しますが、ゆとりを持って沐浴できますし溝などが少ないので掃除も簡単で清潔に保てます。

折りたたむことができず大きさもあるので保管場所がない場合には注意が必要です。

折りたたみタイプ

折りたたみタイプは、なんと言っても収納スペースが無くても保存できるのがいい点です。
浴室や部屋に収納が少ない家庭にはおすすめです。

エアータイプ

空気を入れて膨らますタイプのベビーバスもあります。
空気を入れる手間はありますが、フカフカですし折りたたみと同様に収納もしやすいです。

これらのタイプは持ち運びがしやすいので、里帰り出産の後に自宅に持ち帰るときにも便利ですので、その予定のあるひとは折りたたみやエアータイプにするといいでしょう。

おすわりできる赤ちゃんに便利なグッズ、お風呂用ベビーチェア

赤ちゃんが成長してきて座ることができるようになってきたら、お風呂用のベビーチェアを用意すると便利です。

お風呂で使える赤ちゃんの椅子が便利

おすわりができると入っても、子ども用の小さいプラスチックの椅子に座らせるのは、後ろに倒れて頭をぶつける危険もあるので避けたいものです。

そこで、バスチェアの登場です。
バスチェアはプラスチック性のものや空気を入れて使うエアタイプのものなどがあります。
背もたれもしっかりついていますし、前面にはガードがついている物がほとんどなので前後に倒れる心配は少なくなります。

中にはフロント部分におもちゃが付属しているものもあるので、座って待っている間も退屈することもなくなるでしょう。

浴室で使うので、風呂いすなどと一緒に普段はおいておきますが、旅行に行ったときや実家にお泊まりに行ったときなどには空気を入れるタイプの方がやはり持ち運びがしやすいですし便利です。

種類や素材はたくさんありますが、赤ちゃんによって座り心地が悪いと泣いてしまうこともあるので、赤ちゃんに合ったお風呂用のベビーチェアを見つけることができるといいですね。

赤ちゃんのお風呂に欠かせないグッズ

赤ちゃんのお風呂グッズは大人とは別に赤ちゃん用のものを用意する必要がありますし、しっかりとお風呂グッズを用意しておくことで慣れない赤ちゃんのお風呂もスムーズになります。

赤ちゃん用の石鹸

赤ちゃんの肌はまだ弱くデリケートです。
大人と一緒のものを使うのではなく、赤ちゃん専用のものを用意しましょう。

おすすめは、泡で出るタイプです。
ポンプを押すだけで泡ででてくるので、泡立てる必要がありませんしやさしく洗うことができます。

赤ちゃんシャンプー

シャンプーも赤ちゃん用に作られたものを用意しましょう。
石鹸同様、泡タイプがおすすめです。
髪の毛が少ないうちは、全身に使えるベビー石鹸を1つ用意し生後1ヶ月ごろになって髪の毛が増えてきたらシャンプーを用意して分けて洗うといいですね。

赤ちゃん用お風呂ガーゼ

お風呂ではガーゼハンカチを使って洗います。
この時、サイズ違いで3枚用意しておきましょう。
身体にかけることのできる長いタイプと正方形のハンカチタイプを2枚です。

正方形の方は1枚は濡らし、1枚は乾いたままにしておくと、もし顔に水がかかったときなどにサッととることができるので便利です。
また、長いタイプは顔を洗っているときなどに身体にかけておくと寒くないですよ。

水温計

沐浴時や、一緒に浴槽にはいる時にもこの水温計は活躍します。
自分の手で確認してOKだと思っても赤ちゃんにとっては熱かったり冷たかったりするので、お湯をためたら水温計で適温かどうか計ります。
デザインがかわいいものが多いですよ。

バスタオル

赤ちゃんの入浴が終わったら身体をしっかりと包むことのできるサイズのバスタオルを用意しましょう。
すぐに水分を拭き取れるようによく水の吸うものなどにするといいですね。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る前に新しい着替えをセット

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る時には、入る前に赤ちゃんの新しい着替えを用意しておくことが大切です。

お風呂上がりに素早く着せるために準備しておくこと

ただタンスからだして置いておくのではなく、コツがあります。

  1. まず、洋服を広げて置きます。
  2. その上に肌着も広げて重ねて置きます。
  3. さらに、肌着の上におむつも広げておくといいでしょう。

着る順番に重ねておいておくだけで、赤ちゃんに服が着せやすくなります。
さらに、お風呂あがりのスキンケア用品である保湿や綿棒なども近くにおいておくと、服を着せる前に塗ることができるのでスムーズです。

脱衣所が独立していると冬など寒いこともあります。
お風呂前には扉を開放してあたためたり、暖房機器をおいて適温にしておくと赤ちゃんもお風呂上がりでも寒くないので検討してみるといいでしょう。

赤ちゃんとのお風呂でママが用意するべきもの

赤ちゃんのお風呂で忘れてはならないのが、ママの着替えです。
一緒にお風呂に入るようになると、自分のことは後回しで気づいたら体も髪の毛も濡れたままということもあるでしょう。

おすすめ、バスローブとヘアキャップ

バスタオルは自分で体を拭かなくてはいけませんが、バスローブであればお風呂からあがったら着るだけです。
ヘアキャップはお風呂で髪の毛を洗った後に軽く絞ってすぐ被っておけば、お風呂上がりに髪の毛の水を気にする必要はありませんし、赤ちゃんに服を着せている時に髪の毛から冷たい水がかかってしまう心配もありません。

バスローブにも様々種類があり、どういったものを選ぶのかも大切です。
素材にこだわるのか、それとも使用後や洗濯後の乾きやすさを優先するのかによっても違いますし、洗い替えなど数がほしい時には価格をおさえたものを選ぶことになると思います。

お風呂上がりのみと着用時間は少ないですが、赤ちゃんをお風呂に入れた後に少しでも楽になるようなバスローブを選ぶことができるといいですね。