2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっても忍耐が必要になる大変な時期です。

要求が強くなる2歳前後は、自分の思い通りにならないと気持ちのコントロールが上手く出来ずに「癇癪」を起こすようになるので、外出先で泣き叫んだり暴れたりする我が子の対応に困って、外出するのが嫌になる方もいるのではないでしょうか。

ここでは、2歳児のお子さんの癇癪に困っているママや保護者の方のために、癇癪の原因や対応の方法を紹介します。

大変な時期ですが、癇癪は子供の成長のために必要な要求の一つです。
時期が来れば自然に癇癪は減っていくものなので、どんと構えて受け止めてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハイハイ期の赤ちゃん、9ヶ月の服装は動きやすさを重視

赤ちゃんはどんどん成長をし、大きくなっていきます。用意した服もすぐに着れなくなってしまうでしょう。ま...

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの整え方は?一日の生活の様子

4ヶ月の赤ちゃんは一体どのような生活リズムで毎日を過ごしているのか気になっているママもいるのでは...

子作りのタイミングはいつ?2人目を考えるときの判断基準

一人目の子育てが大変だから、2人目の子作りのタイミングをいつにしたらいいのかわからない…という夫婦は...

3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と寝ないときの対策・心がけたいこと

3ヶ月頃の赤ちゃんは、新生児の頃に比べるとまとめて寝てくれる時間が長くなります。ですが、まだ大人と同...

【二人目出産】上の子は入院中どこで誰に見てもらうのが良いのか

すでに子供がいて、二人目の出産を控えている妊婦さんにとって、一番の心配事は、出産のことよりも二人目出...

2歳のイヤイヤ期や夜泣きは成長の証!無理せず上手な付き合い方

子供は2歳になるとイヤイヤ期が始まり、夜泣きをする子も多いです。そんな2歳児のイヤイヤ期や夜泣き...

新生児に必要な服と服装の注意点【夏生まれの赤ちゃん服】

これから赤ちゃんが生まれるというママは、新生児用にどんな服を何枚くらい揃えておけば良いのかと悩む方も...

子供用品スッキリ収納アイデア!隠す収納でも使いやすくするコツ

子供が生まれると、おむつやベビー用のケア用品、たくさんの衣類など、多くのものが必要になります。部屋の...

虫除けは自分で作れる?赤ちゃんにも使える手作り虫よけ剤

夏場の暑い季節には虫の存在が気になります。赤ちゃんがお家にいる方は、虫よけ剤を使用したいけど、市販品...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

【赤ちゃんの後追い】ママだけでなくパパも後追い!対処法を解説

赤ちゃんが成長していくと、ある時期を迎えると後追いをすることもあります。赤ちゃんの後追い対象者はママ...

生後8ヶ月の赤ちゃんが寝ない!夜泣きの理由や対処方法をご紹介

赤ちゃんの悩みというと必ず耳にするのが睡眠について。お昼寝をしすぎて困る、お昼寝をしない、夜泣きが激...

4ヶ月の赤ちゃんの一日の生活リズム・整え方のポイントを解説

赤ちゃんが4ヶ月くらいになると、それまでよりも少しずつ起きている時間が増えてきます。また、楽しそうに...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

7ヶ月のお昼寝時間や生活リズムの整え方!寝かしつけのコツ

生後7ヶ月の赤ちゃんはお昼寝の時間はどのくらい必要なのかと気になるお母さんもいるでしょう。7ヶ月にな...

2歳の子供が起こす癇癪の原因

癇癪は気持ちが抑えきれなくなって爆発した状態です。抑えきれない思いを何とか分かってもらおう、抑え切れなくて辛い、どうしてもそれが欲しい、そんな強い気持ちの表れです。

2歳の子供はまだ自分の気持ちを上手に言葉で伝えることができない

2歳になると心が成長してかなりの事が考えられるようになります。言葉が出始めてある程度お話ができても、まだ自分の考えを的確に表すのはには語彙が足りないのです。
また、2歳となると周囲の子供達との関わりも増え、外出して様々なものを見る機会があります。そういったなかで自分の思い通りにならない事柄が多く発生するようになります。まだ感情のコントロールができないので、どうしようもない欲求や思いが癇癪となって表れるのです。

癇癪の根底には何かしらの強い感情があるのです。

2歳児の癇癪への対応は気持ちを落ち着かせることをひとまず優先しましょう

癇癪への対応は、まずは気持ちを落ち着かせることが一番

癇癪を起こしている間は子供自身でも何が何だか分からなくなっていたり、非常に興奮しているので何を言っても聞き入れられる状態ではありません。まずは癇癪の状態を治まらせなければなりません。

そのためには子供の手を握ったりぎゅっと抱っこしたりしながら、「そう、分かったよ。○○が欲しいんだね。」などと子供の気持ちを代弁します。
親にホールドされて自分の気持ちを代弁してもらえると子供の気持ちは段々と落ち着いてきます。
触ろうとすると暴れる場合もありますが、その場合は頭を撫でたりと優しく触れて気持ちを代弁して落ち着かせましょう。

2歳児の癇癪は「肯定する」「認める」ことが対応のポイントです

癇癪は自分の欲求が満たされないために起こっているので、とりあえずは自分の気持ちを分かってもらえるだけでも落ち着くものです。

子供の気持ちを肯定的に受け止めて認めてあげることが大切

お友達の持っているおもちゃを欲しがって癇癪を起こした場合には「あのおもちゃが欲しいんだね。」とまずは子供の気持ちを受け止めて言葉に出します。癇癪を起こしている間は非常に興奮しているので周囲の言葉はなかなか届きません。何度も繰り返して言いましょう。

子供は親に撫でられたり抱っこされたりと触れられていると安心する

抱っこできない場合にはポンポンと宥めるように触れながら子供の気持ちを認める言葉を言い続けることが大切です。

子供の性格や癇癪の度合いによってはかなり長い時間がかかる場合がありますが、気長に付き合いましょう。

2歳児の癇癪は事前の対応で最小限に抑えることも可能です

2歳児といえどもかなりも物事を考え理解する能力があります。

子供が要求しそうな事を事前に予測して言い聞かせておく事で癇癪を最小限に抑える事も可能

例えば買物へ行くときは、恐らくおやつを欲しがるだろうと予測したとします。その場合は、買物へ出掛ける前に

「これから買物へ行くけれど、今日はおやつは買わないよ。今日のおやつはもうおうちにあるからね。買物から帰ってきてからおうちにあるおやつを食べようね」

などと子供が理解するまで分かりやすく話しておきます。

心の準備ができていると子供も自制しやすくなるものです。

2歳児の癇癪へのNG対応に気をつけましょう

2歳児の癇癪では叱らないように気をつけましょう。

  • かなりの物事が分かるけれどまだ感情をコントロールしきれない。
  • 自分でも感情を抑えられなくて困っている。

そんな2歳児の癇癪に対して叱ってしまうと、更に癇癪が酷くなります。子供はどうしてよいか訳が分からなくなっているのに親にも気持ちが分かってもらえないとなると更にどうしてよいかわからなくてより行動を激化するのです。

癇癪を叱るのは火に油を注ぐようなもの

あともうひとつしてはいけない事は、子供の癇癪の元となっている欲求を満たす事です。子供はあらゆることを経験から学び取っていきます。

「癇癪を起こして欲求が満たされた」という経験は着実に子供の脳に刻まれて学習します。また何かしらの欲求ができたときには癇癪を起こして満たそうとするようになります。

お店の中や公共の場などで癇癪を起こされると親は非常に肩身が狭い思いをします。私も子育てをしていて身が縮むような思いを何度もしたことがあります。しかそ、そこで折れて子供の欲求を満たしてはまた次の癇癪への道筋を確固たるものとしてしまいます。そんな場合には癇癪を起こしている子供を抱きかかえて速やかに立ち去りましょう。

スーパーのレジ付近にあるおもちゃつきの玩具を見つけて欲しがり、泣き叫ぶ子供を抱きかかえて店員さんに作り笑いをしながら立ち去るという経験を何度かしました。

子供は癇癪が治まるとさっきまでとは別人のようにケロッとしているものです。その時の気持ちさえ治まれば尾は引かないものです。ただ、癇癪に叱って対応していると子供の心から親への信頼感が損なわれていく場合があります。

2歳児の癇癪ではとにかく気持ちを汲み取って同調してあげることが大切です。その後に毅然と親の気持ちを伝えましょう。