生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズムも整ってきて、大変だったママの子育ての負担も、少しずつ軽減されてきているのではないでしょうか。

ここでは生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールを紹介し、食事、睡眠、発達の変化などについて解説していきます。
コミュニケーションが楽しめるようになる生後6ヶ月の赤ちゃんとのおすすめの遊びについても紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一歳半から始まった夜泣き、泣き叫ぶ我が子を寝かしつけるには

今までは夜すんなり眠りについていたのに、一歳半頃から急に泣き叫ぶほどの夜泣きをすることがあります。...

【生後6ヶ月の赤ちゃん】よく寝る子の特徴と寝ない子への対処法

赤ちゃんの睡眠時間には個人差があり、よく寝る子もいれば沢山泣いてママを困らせてしまう子もいます。...

育児で睡眠不足を感じるママへこの時期の睡眠不足を乗り切る方法

生まれたばかりの赤ちゃんがいるママは、睡眠不足を感じている方がほとんどだと思います。昼夜なく泣く赤ち...

新生児に必要な服と服装の注意点【夏生まれの赤ちゃん服】

これから赤ちゃんが生まれるというママは、新生児用にどんな服を何枚くらい揃えておけば良いのかと悩む方も...

女の子でも「赤ちゃんの髪の毛薄い現象」が起きてもおかしくない

男の子でも女の子でも赤ちゃんは可愛いですよね。赤ちゃんの特徴の中で、可愛い以外にあるのが、「髪の...

赤ちゃんが泣く理由を知って対処しよう!笑顔で育児をするために

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが泣く理由がわからずに悪戦苦闘している人もいるのではな...

生後7ヶ月頃の赤ちゃんにみられる奇声、原因はなに?

生まれてすぐには泣き声しか出せなかった赤ちゃんも、少しずつ「アー」とか「ウー」とお話できるようになっ...

赤ちゃんの睡眠時間が短いのはなぜ?原因と対処法を解説

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますと、睡眠時間が短いのでは?とママは心配になります。新生児~1歳頃...

11ヶ月の赤ちゃんの睡眠問題、寝ぐずりや夜泣きの理由と対策

11ヶ月になると次第に赤ちゃんの生活リズムが整ってきます。お昼寝も1日1回になったり、睡眠時間も...

4ヶ月の赤ちゃんの一日の生活リズム・整え方のポイントを解説

赤ちゃんが4ヶ月くらいになると、それまでよりも少しずつ起きている時間が増えてきます。また、楽しそうに...

お風呂で使う赤ちゃんグッズ。入浴が快適になる便利アイテム

赤ちゃんに必要な道具はたくさんのものがありますが、お風呂の時に必要なグッズもいろいろなものがあります...

虫除けは自分で作れる?赤ちゃんにも使える手作り虫よけ剤

夏場の暑い季節には虫の存在が気になります。赤ちゃんがお家にいる方は、虫よけ剤を使用したいけど、市販品...

【離乳食】10倍がゆをご飯から電子レンジ・鍋・炊飯器で作ろう

赤ちゃんが生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始する時期がやってきます。初めての子育ての場合、離乳食...

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの整え方は?一日の生活の様子

4ヶ月の赤ちゃんは一体どのような生活リズムで毎日を過ごしているのか気になっているママもいるのでは...

子作りのタイミングはいつ?2人目を考えるときの判断基準

一人目の子育てが大変だから、2人目の子作りのタイミングをいつにしたらいいのかわからない…という夫婦は...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュール

生後間もない頃の子育てに余裕のない日々から、少し落ち着きが出始める生後6ヶ月頃になると1日の行動や時間帯が何となく決まってくると思います。

赤ちゃんも声掛けに対して色々な表情を見せてくれるようになり大変な子育ての頑張る源になっている方も多いのではないでしょうか。離乳食もはじまる頃で、食事をすることによりお腹がいっぱいになり満足して眠る時間が増えるというお子さんもいます。お子さんによって、寝てもすぐに目覚めてしまう赤ちゃんもいます。

スケジュールは参考にしておき、すべてが同じでなければいけないということはないです。

起床 6時から7時頃

朝起きておむつの交換、授乳を済ませておもちゃなどで遊ぶことが多いです。

そのまま、また眠ってしまう赤ちゃんもいますが音のなるおもちゃなどを使ってあげるとスッキリ目を覚ましてくれることもあります。

午前の睡眠 9時から10時頃

まだまだ、午前中も眠る時間が必要な時期です。

散歩など 10時から11時頃

起きてすぐに散歩に行くと風邪をひいてしまうため無理に散歩にいく必要はありません。
午前の睡眠と散歩を逆にすることもあります。

離乳食11時頃から

食べ物によってアレルギー反応が出ることもあるため午前中のうちに食事をして小児科に受診できるようにしましょう。

お昼寝 12時30分から15時30分頃

食後にすぐに寝せてしまうと、吐いてしまった時に喉に詰まってしまうこともあります。
食後はあまり運動はせず静かな遊びをしながら時間をおきお腹を休めてからお昼寝をします。

授乳やお風呂 16時から18時頃

起きてからオムツを確認してから授乳をして落ち着いてから遊んだりお風呂を済ませておきます。

お風呂を早めにすることで夜の睡眠時間も早めに眠りやすくなります。

就寝 20時から21時頃

赤ちゃんによっても寝かしつけまでにかかる時間もそれぞれ違います。

まだまだ寝たくないと声を出すなどして遊ぶ赤ちゃんもいますが、できるだけ21時ころまでに就寝すると良いです。

生後6ヶ月の赤ちゃんの離乳食とスケジュールの関係

離乳食の開始時期や5ヶ月頃から始めることができます

赤ちゃんによってはスプーンを嫌がったり口に含むことを嫌がり5ヶ月から始めることができない場合もありますが心配はいりません。

その子に合ったペースで離乳食をすすめる方が赤ちゃんも親も楽しく食事をすることができます。

5ヶ月から離乳食をはじめた赤ちゃんの場合は6ヶ月頃には1日に2回離乳食を食べることもあります。

赤ちゃんの食事の回数が増えることで、おっぱいやミルクを欲しがることが減り自然と回数が減ることもあります。

個人差もありますが歯が生え始めるお子さんもいます。まだまだ、小さく本数も少ないので歯磨きをすることの必要性を感じない方もいます。

小さい頃から歯を磨くこと、口の中を触られることに慣れさせておくのがおすすめ

大きくなると、力がつきじっと口を開けて親が歯を磨くことを嫌がり、上手くいかなくなってしまうことも。

歯が生えたから、まずは口を開けていること・触られることに慣れさせてあげるのがおすすめです。

赤ちゃんと遊ぶ時に、唇の近くを触りながら歌を歌ったり、人形に歯を磨く真似をして遊ぶことで、口の中を磨くことに抵抗を無くすことが出来ます。

すぐに、赤ちゃんが口を開けていられる時間が続くことは難しい場合もあります。

時間をかけて、慌てずに歯磨きの練習をしましょう。慣れたきたら、濡れたガーゼで軽く歯についた汚れを落とす程度で構いません。そして、歯の生え始めた頃のかわいい顔の写真を撮っておくのもおすすめです。

生後6ヶ月の赤ちゃんの睡眠とスケジュールの関係

睡眠中に頻繁に泣いていた赤ちゃんも6ヶ月頃になると夜間にまとまって眠ることもあります。

これは、日中の睡眠時間や食事、お風呂といったようにリズムがついてくることで夜間にまとまって眠りやすくなると言われています。

赤ちゃんによっては生後間もない頃から、夜間にしっかり眠る子もいますし、まとまって眠る時期は個人差が大きいです。

日中のお昼寝は午前に1回、午後に1回になっていきます

夜間の睡眠時間と日中も眠る時間を合計して平均13時間から14時間くらいが1日の睡眠時間となります。

夜泣きがはじまる頃とも言われています。

6ヶ月頃になると日中に遊んだ時や出かけて時のまわりの音など色々なことが刺激となります。

日中に受けた様々な刺激によってそれを夜間に思い出すことで夜泣きをすると言われています。

生後6ヶ月の赤ちゃんの発達の様子

生後間もない頃に使っていたサイズのおむつも小さくなりサイズアップしたおむつやベビー服を着せることが増えてきたと思います。

個人差もありますが、中には寝返りをはじめる赤ちゃんもいます。

寝返りを覚えると今まで見ていた世界から色々な景色を発見して動くことが楽しくなり何度も寝返りをする赤ちゃんもいます。

6ヶ月頃の赤ちゃんは今までより動きが活発になり、離乳食を食べるようになるなどこれまでの生活に変化が起きることで体重や身長の成長具合が緩やかになってきます。

体重や身長を気にする方もいるかもしれませんが個人差が大きく元気に過ごし食べたり飲んだりすることができていれば心配はいりません。

赤ちゃんによっては人見知りをする子もいます

今までは誰に抱っこをされても泣かなかった赤ちゃんが親以外の人に抱っこをされると泣いたり、他の方が顔を近づけただけで泣いてしまうこともあります。

自分の親は誰なのかをしっかり認識する大事な成長ですのでこちらも心配はいりません。

1日のスケジュールに合わせて楽しく遊びましょう

赤ちゃんと遊ぶことがプレッシャーに感じる方もいると思いますが、この遊びをしなくてはいけないという決まりはありません。

遊びでおすすめなのが絵本などの静かにできる遊び

この頃は物を上手に掴むことがまだ苦手な赤ちゃんもいます。

絵本はページが薄い紙よりも厚手の物にしたり、布で出来ているカシャカシャと音が鳴るものに興味を示すことが多いです。

出かけた先で何もおもちゃを持っていない時でも出来る遊びとしては「いないいないばぁ」がおすすめです。

ハンカチや両手で親の顔を隠してからいないいないばぁと声をかけると、隠れていた所から親の顔が見えることで安心と楽しさからご機嫌になる赤ちゃんもいます。

そして、公共の場所では声が迷惑となる場合もあるので自宅などでおすすめなのが、手遊びです。

赤ちゃんの手の平に親の指をのせて指が歩くような動きをしたり、体を指でなぞるようにすると、くすぐったさから声を出して笑う赤ちゃんもいます。